MENU

今こそ必要な「人間学」

「生きる」ことって、なんだろう?人間って、一体なんのために、生まれてきたのだろう?
その答えを見失って、ほしいままに行動する人がたくさんいます。
令和人間塾・人間学lab.は、人と成る学問(人間学)を実践・研究して人が本来持っている人間力を高めることにより、教育界・産業界に良い影響を与え続けていきます。

徳育を軸にした教育がゆき渡り、自然と調和した生活で、周りを明るく照らす人たちが増えていく社会 を私たちはめざしていきます。

令和人間塾・人間学lab.​の5つの事業

当法人は、人間学に基づいた教育活動により、学びから実践を通して、自主独立した人間を育成すること。それにより、郷土の産業発展に貢献し、次代を担う有為な人材育成を国の本となる農(農林水産業全て)を基礎にした人間力の修養によって、郷土に根ざした学問(郷学)の振興をはかることを目的とします。そのために、下記の5つの事業を行います。

1.人間学の研究活動 2.人間学を学びたい人たちとの交流活動 3.地域のひとたちと行う農林水産業の振興活動 4.人材育成に関する講師の派遣及び講演活動 5.斧田、各事業に関する事業 1.人間学の研究活動 2.人間学を学びたい人たちとの交流活動 3.地域のひとたちと行う農林水産業の振興活動 4.人材育成に関する講師の派遣及び講演活動 5.斧田、各事業に関する事業

今、日本が直面する課題とは

国内食料自給率
(平成30年)

37%

65才以上の
農業従事者の割合
(平成28年)

65%

若年層、死因「自殺」
先進国で日本のみ
(令和2年)

1位

日本の世界幸福度
ランキング
(令和2年)

62位

今こそ徳育を軸とした教育を

今こそ徳育を軸にした教育がゆき渡り、自然と調和した生活で、周りを明るく照らす人たちが増えていく社会を私たちはめざしていきます。

新着情報